人気 特大 ビーズクッション/ビーズソファー 〔ネイビー〕 幅約140cm ビーズ補充可 洗えるカバー 大きめ 日本製 〔リビング〕〔代引不可〕〔沖縄離島発送不可〕

特大 ビーズクッション/ビーズソファー 〔ネイビー〕 幅約140cm ビーズ補充可 洗えるカバー 大きめ 日本製 〔リビング〕〔代引不可〕〔沖縄離島発送不可〕

【商品名】 特大 ビーズクッション/ビーズソファー 【ネイビー】 幅約140cm ビーズ補充可 洗えるカバー 大きめ 日本製 〔リビング〕 【ジャンル·特徴】 特大 ビーズクッション ビーズソファー マイクロビーズ クション ビーズ補充式 洗える ウォッシャブル カバー 大きい ビッグサイズ 大型 日本産 国産 リビング ダイニング 引っ越し 引越し 転居 新居 新生活 1人暮らし 一人暮らし プレゼント 贈り物 贈物 ギフト お祝い バースデー お誕生日 生活用品 インテリア雑貨 在宅ワーク テレワーク びーずくっしょん びーずそふぁー びーずくしょん びーずそふぁ

■サイズ·色違い·関連商品









■ネイビー[当ページ]




■商品内容



〜みんなの「おうち時間」を楽しく快適に〜
1.いろんなシーン&身体にフィット
2.包み込まれるサイズ感
3.安心の日本製


【みんなが嬉しい♪いろんなシーンにフィット】
 お家での過ごし方に合わせていろんなシーンで使えるフィット力

【いろんな形に身体にフィット】
·座ったり寝転んだりと姿勢に合わせてフィット
·独自開発の伸縮性の高い生地を使用
 柔らかすぎず絶妙にフィットするよう素材の混合にこだわりました。
·包み込まれるボリューム感
 160×75cm(側地サイズ)のビックサイズ

【毎日使うことを考えたこだわり】
·においの少ないマイクロビーズを使用
 お子様も安心して寝転がってもらえるよう、
 ビーズ特有のプラスチックのニオイが少ないものを使用しています。
·ビーズは補充OK
 へたってもビーズが補充できるよう中袋は開閉可能。長くお使いいただけます。
 ※セイフティーファスナーを使用
·カンタンに持ち運びしやすい
 中身がビーズなので軽量で移動しやすい。
 いつでもどこでも好きな場所に持ち出してくつろげます。
·カバーは取り外して丸洗いOK
 カバーをじゃぶじゃぶ洗えるのでいつでも清潔にお使いいただけます。

【安心の日本製】
 品質マネジメントシステムに関する国際規格である「ISO9001」を取得した日本の工場で丁寧に仕上げています。
 家族みんなで安心してお使いいただけます。


■商品スペック



■商品サイズ(cm)
側生地:幅約160×奥行約75cm
ビーズ入れた状態:幅約140×奥行約60×高さ約40cm

■商品重量
約8kg

■詰め物重量
約6kg

■材質
構造部材:ポリスチレン(発砲ビーズ)
インナーカバー:ポリエステル87%、ポリウレタン13%
アウターカバー:ポリエステル60%、綿33%、ポリウレタン7%

【ご注意事項】
·本商品は、北海道·沖縄·離島への配送はいたしかねます。あらかじめご了承ください。



■送料·配送についての注意事項



●本商品の出荷目安は【2 - 5営業日 ※土日·祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品·遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1105】です。同梱区分が【TS1105】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●沖縄、離島および一部地域への配送時に追加送料がかかる場合や、配送ができない場合がございます。

●大型商品のため、複数購入時は追加送料がかかる場合がございます。

 新型コロナウイルスの「ワクチン接種記録システム(VRS)」で、個人の接種歴の一部が誤って登録されているケースがあることが27日、複数の自治体への取材で分かった。2回打ったデータが消失し、未接種になっている住民も確認された。現状のままでは、年内に予定する国内用接種証明書の発行業務などに影響が出る恐れがあり、デジタル庁が市区町村に修正を求めている。

 政府によると、1回以上、接種したのは26日時点で約8千万人。デジタル庁は誤登録の総数などは把握していないとした上で、年内に解消したいとの考えを示している。

MOLDINO エポックペンシルディープボールエボリューション  EPDBPE2040-40-09-ATH 436-8134,

 取材では、札幌市、千葉市、東京都中央区、横浜市、大阪市、岡山市、松江市などが誤登録があると答えた。件数は1桁から数千まで幅広かった。

 デジタル庁は22日、VRSを改修し、誤ったデータを見つけやすくする機能を追加。これを使ってデータの洗い出しを進めるよう各市区町村に呼び掛けており、今後、各地で同様の事例が見つかる可能性がある。

 VRSは、自治体や医療機関、企業の担当者がタブレット端末のカメラで接種券にある18桁の番号を読み取ると、接種歴が登録される。ただ手ぶれによって「8」を「3」と読み込むなどのエラーがある。また日付やワクチン製造番号などは手入力となっており、これらが誤登録の主な要因という。

 誤登録は、海外渡航者を対象とした紙の接種証明書の申請があった際などに発覚している。市区町村には住民の接種情報を記した紙の「予診票」があり、これを基に担当者がVRSの登録状況をチェックして、誤りが見つかる場合もある。

 国内用の接種証明書は、VRSに登録された情報を参照して発行する予定。検討中の3回目の接種券は、VRSに2回接種済みと登録されている人を対象に交付する案があり、早期の修正が必要となる。