最新人気 アイ オー データ機器 V.90準拠 RS-232C接続 アナログモデム DFM-56S

アイ オー データ機器 V.90準拠 RS-232C接続 アナログモデム DFM-56S

【商品名】 アイ·オー·データ機器 V.90準拠 RS-232C接続 アナログモデム DFM-56S

■商品内容



■固定電話のIP網への移行後の環境で動作することを確認した、V.90準拠のRS-232C接続型アナログモデムです。データ受信速度最大56kbps※、送信速度最大33.6kbpsでアナログ公衆回線によるデータ通信をご利用いただけます。※56kbpsは、V.90による理論値。
■NTT東日本とNTT西日本より2024年1月から固定電話がIP網へ切り替わることが発表されております。本商品はIP網への移行後の環境での動作検証を実施し、問題なく動作することを確認済みです。※FAXの送受信、データ通信(発信/着信)、インターネット通信について確認
■56KITU-T標準勧告V.90プロトコルに対応。データ受信速度は最大56kbps※、データ送信速度は最大で33.6kbpsとなり、アナログ公衆回線による高速なインターネットを楽しめます。※56kbpsは、V.90による理論値であり通信速度は回線状態により変化します。
■G3FAX14.4kbpsに対応し、FAXモデムとしてもご利用いただけます。※FAX通信ソフトなどのアプリケーションソフトは添付しておりません、別途ご用意ください。


■商品スペック



モデムタイプ ボックス
適用回線 2線式加入電話回線
通信速度(最大) 56000bps
通信速度(その他サポート) データ通信:V.90(受信のみ):56000/54667/53333/52000/50667/49333/48000/46667/45333/44000/42667/41333/40000/38667/37333/36000/34667/33333/32000/30667/29333/28000bps
コマンド -
通信制御 -
データ圧縮 -
エラー制御 -
通信規格(モデム) -
通信規格(FAX) -
同期方式 -
インターフェース RS-232C
コネクタ形状 D-sub 9pin/メス
内蔵·外付 -
対応機種 RS-232Cポートを搭載したWindowsパソコン
添付ソフト -
付属品 モジュラーケーブル(約1.5m)、RS-232Cケーブル(約90cm)、ACアダプター、取扱説明書
備考 情報は発表当初のものです。対応情報等の詳細は、メーカーホームページの「商品ページ」または、「対応検索システムPIO」にてご確認ください。
アスベスト 非含有
RoHS指令 対応
J-Moss 対象外
環境自己主張マーク なし
その他環境及び安全規格 対応 VCCI Class B
電波法備考 電波を発しない為
電気通信事業法備考 アナログモデム
電波法 非対象
電気通信事業法 適合
法規関連確認日 20180124
電気用品安全法(本体) 非対象
電気用品安全法(付属品等) 適合/例外承認
電気用品安全法(備考) 適合:ACアダプターセット



■送料·配送についての注意事項



●本商品の出荷目安は【1 - 5営業日 ※土日·祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品·遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1】です。同梱区分が【TS1】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●沖縄、離島および一部地域への配送時に追加送料がかかる場合や、配送ができない場合がございます。

 新型コロナウイルスの「ワクチン接種記録システム(VRS)」で、個人の接種歴の一部が誤って登録されているケースがあることが27日、複数の自治体への取材で分かった。2回打ったデータが消失し、未接種になっている住民も確認された。現状のままでは、年内に予定する国内用接種証明書の発行業務などに影響が出る恐れがあり、デジタル庁が市区町村に修正を求めている。

 政府によると、1回以上、接種したのは26日時点で約8千万人。デジタル庁は誤登録の総数などは把握していないとした上で、年内に解消したいとの考えを示している。

マザーズバッグ 防水 おむつ哺乳瓶収納 ベビーカー掛け可能 多機能リュックサック,

 取材では、札幌市、千葉市、東京都中央区、横浜市、大阪市、岡山市、松江市などが誤登録があると答えた。件数は1桁から数千まで幅広かった。

 デジタル庁は22日、VRSを改修し、誤ったデータを見つけやすくする機能を追加。これを使ってデータの洗い出しを進めるよう各市区町村に呼び掛けており、今後、各地で同様の事例が見つかる可能性がある。

 VRSは、自治体や医療機関、企業の担当者がタブレット端末のカメラで接種券にある18桁の番号を読み取ると、接種歴が登録される。ただ手ぶれによって「8」を「3」と読み込むなどのエラーがある。また日付やワクチン製造番号などは手入力となっており、これらが誤登録の主な要因という。

 誤登録は、海外渡航者を対象とした紙の接種証明書の申請があった際などに発覚している。市区町村には住民の接種情報を記した紙の「予診票」があり、これを基に担当者がVRSの登録状況をチェックして、誤りが見つかる場合もある。

 国内用の接種証明書は、VRSに登録された情報を参照して発行する予定。検討中の3回目の接種券は、VRSに2回接種済みと登録されている人を対象に交付する案があり、早期の修正が必要となる。