輝い 食器棚 カップボード 天然木 幅60cm 薄型ハイタイプ 完成品 ( 食器収納 棚 キッチン収納 リビング収納 スリム コンパクト 木製 日本製 )

食器棚 カップボード 天然木 幅60cm 薄型ハイタイプ 完成品 ( 食器収納 棚 キッチン収納 リビング収納 スリム コンパクト 木製 日本製 )

サイズ/約幅60×奥行32×高さ180cm
棚板:約幅52×奥行27cm
扉内内寸:約幅52×奥行28×高さ(上)72(下)74cm
引出内寸:約幅22×奥行22×深さ14cm
重量/約47kg
内容量/1台
付属品:可動棚6枚
材質/前板:天然木パイン材、ウレタン樹脂塗装
その他:プリント紙化粧繊維板
種類/ナチュラル、ブラウン
生産国/日本製
棚板1枚あたり耐荷重/5kg
組立状態/完成品

●天然木パイン材を使用したシンプルな食器棚
●奥行き32cmの薄型設計
●素材感を活かしたデザイン
●使いやすさも考慮した仕様
●細かな調整が可能な棚板
●細かな物の収納に便利な引出し
●安心の日本製

キッチンボード 引き出し キッチン家具 台所収納 収納 国産 ナチュラル ブラウン フリーボード 書棚 本棚 収納ラック 飾り棚 空間利用 壁寄せ 壁 コレクション 約 幅60 奥行30 高さ180 cm センチ パイン材 魅せる収納 見せる収納 収納スペース インテリア お洒落 オシャレ シック ラック シンプル リビング ダイニング 応接 客間 ワイングラス グラス シャンパングラス 食器 ディスプレイケース 可動棚 棚板 収納庫 引出し 引出 引っ越し ひとり暮らし 一人暮らし LH8867






おすすめポイント


天然木パイン材を使用したシンプルな食器棚
前板全面に天然木パイン材を贅沢に使用した食器棚です。天然木の素朴で温かな質感や木目を活かしたウレタン塗装仕上げです。食器棚としてだけでなく、フリーボードとしても収納やディスプレイをお楽しみいただけます。


商品詳細


奥行き32cmの薄型設計
奥行きは約32cmと薄型で、圧迫感も少なくすっきりと収納する事ができます。

素材感を活かしたデザイン
天然木の質感と丸みを帯びたデザインが優しい印象です。


使いやすさも考慮した仕様
優雅な曲線は使いやすさも兼ね備えています。取っ手を付けず手掛け加工を施した、飽きのこないシンプルなデザインが印象的です。




細かな調整が可能な棚板
中央の固定棚以外の棚板は可動することができます。用途に合わせて細かな調整ができるので、厚さの薄い皿類から背の高いコップやビン類まで収納していただくことができます。
【棚板6枚:6cmピッチ上下各8段階】




細かな物の収納に便利な引出し
カトラリーやキッチンペーパー、クロスや袋などの小物を収納するのに便利な引出しが2杯ついています。適度な深さがあり、物が増えてしまうキッチンでの収納に最適です。


安心の日本製
日本の職人が丁寧に仕上げた完成品の食器棚はしっかりとした造りで気品があります。ふんだんに使用した天然木はお部屋全体を贅沢な空間にしてくれます。




カラー




サイズ




シリーズ紹介

サイズ約 幅60×奥行32×高さ180(cm)
棚板:約幅52×奥行27(cm)
扉内内寸:約幅52×奥行28×高さ(上)72(下)74(cm)
引出内寸:約幅22×奥行22×深さ14(cm)
重量約 47kg
内容量1台
付属品:可動棚6枚
材質前板:天然木パイン材、ウレタン樹脂塗装
その他:プリント紙化粧繊維板
種類ナチュラル、ブラウン
生産国日本製
棚板1枚あたり耐荷重5kg
組立状態完成品
備考※天然木を使用しているため、1点1点色合いや風合いが異なります
区分


 新型コロナウイルスの「ワクチン接種記録システム(VRS)」で、個人の接種歴の一部が誤って登録されているケースがあることが27日、複数の自治体への取材で分かった。2回打ったデータが消失し、未接種になっている住民も確認された。現状のままでは、年内に予定する国内用接種証明書の発行業務などに影響が出る恐れがあり、デジタル庁が市区町村に修正を求めている。

 政府によると、1回以上、接種したのは26日時点で約8千万人。デジタル庁は誤登録の総数などは把握していないとした上で、年内に解消したいとの考えを示している。

キッチンカウンター 食器棚 幅120 奥行45 高さ99 国産 完成品 ナチュラル ブラウン ラバーウッド 木製 大川家具 モイス付き 代引不可,

 取材では、札幌市、千葉市、東京都中央区、横浜市、大阪市、岡山市、松江市などが誤登録があると答えた。件数は1桁から数千まで幅広かった。

 デジタル庁は22日、VRSを改修し、誤ったデータを見つけやすくする機能を追加。これを使ってデータの洗い出しを進めるよう各市区町村に呼び掛けており、今後、各地で同様の事例が見つかる可能性がある。

 VRSは、自治体や医療機関、企業の担当者がタブレット端末のカメラで接種券にある18桁の番号を読み取ると、接種歴が登録される。ただ手ぶれによって「8」を「3」と読み込むなどのエラーがある。また日付やワクチン製造番号などは手入力となっており、これらが誤登録の主な要因という。

 誤登録は、海外渡航者を対象とした紙の接種証明書の申請があった際などに発覚している。市区町村には住民の接種情報を記した紙の「予診票」があり、これを基に担当者がVRSの登録状況をチェックして、誤りが見つかる場合もある。

 国内用の接種証明書は、VRSに登録された情報を参照して発行する予定。検討中の3回目の接種券は、VRSに2回接種済みと登録されている人を対象に交付する案があり、早期の修正が必要となる。