【当店限定販売】 TRUSCO スライド工具キャビネット 881X551 コボレ止め天板付 DX-33 1台【代引不可】【別途運賃必要ご連絡します】【法人様のみ取扱い】

TRUSCO スライド工具キャビネット 881X551 コボレ止め天板付 DX-33 1台【代引不可】【別途運賃必要ご連絡します】【法人様のみ取扱い】

【仕様】●間口(mm):881●奥行(mm):551●高さ(mm):1045●最大積載量(kg/台):200●色:グリーン●中棚板寸法(mm)間口×奥行×高さ:830×450×30●付属品:棚板1枚●棚板ピッチ(mm):38.5●深型引出:右1左1●スライド棚(段):4●均等積載量(kg/段):80●適合ベース:WVER1-C(キャスタータイプ·別売) WVER1-B(アジャスタータイプ·別売)●棚板数(枚):1●棚板調整ピッチ:38.5mm●引出し内寸(mm) 間口×奥行×深さ【仕様2】●メラミン化粧天板(こぼれ止め付)●シリンダ錠(鍵2枚付)●こぼれ止め外寸:間口890×奥行558×高さ45mm●両開きタイプ●シリンダ錠●スライド棚:内寸804×386×20mm【材質】●スチール●扉:スチール【セット内容】●見出しカード:引き出し、スライド棚1段につき1枚●仕切板:深型引き出し1段につきパーテーション2枚、デバイダー6枚【注意】●車上渡しのため、お客様での荷降ろしが必要です。【原産国】日本【質量】78.000【質量単位】KG【グリーン商品】

【特長】
●工具類の保管·管理に便利です。
●スライド棚の位置は38.5mmのピッチで変更できます。
●上部の天板で作業ができます。天板はこぼれ止め付きです。
●耐震ラッチ機構付で地震などで収納物が飛び出すのを防止します。
【仕様】
●間口(mm):881
●奥行(mm):551
●高さ(mm):1045
●最大積載量(kg/台):200
●色:グリーン
●中棚板寸法(mm)間口×奥行×高さ:830×450×30
●付属品:棚板1枚
●棚板ピッチ(mm):38.5
●深型引出:右1左1
●スライド棚(段):4
●均等積載量(kg/段):80
●適合ベース:WVER1-C(キャスタータイプ·別売) WVER1-B(アジャスタータイプ·別売)
●棚板数(枚):1
●棚板調整ピッチ:38.5mm
●引出し内寸(mm) 間口×奥行×深さ
【仕様2】
●メラミン化粧天板(こぼれ止め付)
●シリンダ錠(鍵2枚付)
●こぼれ止め外寸:間口890×奥行558×高さ45mm
●両開きタイプ
●シリンダ錠
●スライド棚:内寸804×386×20mm
【材質/仕上】
●スチール
●扉:スチール
【セット内容/付属品】
●見出しカード:引き出し、スライド棚1段につき1枚
●仕切板:深型引き出し1段につきパーテーション2枚、デバイダー6枚
【注意】
●車上渡しのため、お客様での荷降ろしが必要です。
【原産国(名称)】
日本
【質量】
78.000
【質量単位】
KG
【グリーン商品】
【JANコード】
4989999621259
【メーカー名】
トラスコ中山(株)
【関連キーワード:ものづくりのがんばり屋ヤフーショッピング店 物流保管用品 工場用保管設備 保管庫 中型保管庫 Medium-Duty Cabinets】

 新型コロナウイルスの「ワクチン接種記録システム(VRS)」で、個人の接種歴の一部が誤って登録されているケースがあることが27日、複数の自治体への取材で分かった。2回打ったデータが消失し、未接種になっている住民も確認された。現状のままでは、年内に予定する国内用接種証明書の発行業務などに影響が出る恐れがあり、デジタル庁が市区町村に修正を求めている。

 政府によると、1回以上、接種したのは26日時点で約8千万人。デジタル庁は誤登録の総数などは把握していないとした上で、年内に解消したいとの考えを示している。

YKKAP テラス屋根 独立納まり サザンテラス パーゴラタイプ 1間×7尺 関東間 ポリカ屋根 標準柱仕様 600N/m2 積雪20cm地域用 後付け ポリカ屋根,

 取材では、札幌市、千葉市、東京都中央区、横浜市、大阪市、岡山市、松江市などが誤登録があると答えた。件数は1桁から数千まで幅広かった。

 デジタル庁は22日、VRSを改修し、誤ったデータを見つけやすくする機能を追加。これを使ってデータの洗い出しを進めるよう各市区町村に呼び掛けており、今後、各地で同様の事例が見つかる可能性がある。

 VRSは、自治体や医療機関、企業の担当者がタブレット端末のカメラで接種券にある18桁の番号を読み取ると、接種歴が登録される。ただ手ぶれによって「8」を「3」と読み込むなどのエラーがある。また日付やワクチン製造番号などは手入力となっており、これらが誤登録の主な要因という。

 誤登録は、海外渡航者を対象とした紙の接種証明書の申請があった際などに発覚している。市区町村には住民の接種情報を記した紙の「予診票」があり、これを基に担当者がVRSの登録状況をチェックして、誤りが見つかる場合もある。

 国内用の接種証明書は、VRSに登録された情報を参照して発行する予定。検討中の3回目の接種券は、VRSに2回接種済みと登録されている人を対象に交付する案があり、早期の修正が必要となる。